2010年06月23日

トイレは読書に適した空間

また、簡易水洗式便所と比べ、汲み取りの手間が省けて保守が簡便である。小用専用の小便器と、大小用兼用の大便器がある。 水洗式便所(すいせんしきべんじょ)は便所の形態の一つ。(水洗便器の詳細は便器が詳しい)。(便所コオロギ) ワラジムシ亜目のこと。関東地方、近畿地方などの大都市圏では下水道普及率の上昇に伴い、大部分の便所が水洗式となっている。今ほど水洗化が進んでいない時代。(便所グモ) チョウバエのこと。呼称に関しては後述の便所#呼称について 呼称についてを参照されたし。便所(べんじょ、英”Toilet”)とは、大小便など排泄の用を足すするための設備を備えている場所。汲み取り式便所 ボットン便所全盛期には壁の隙間やタンクの中から這い出たリ、壁や天井、和式便器の蓋の裏などを這いずり回っていた昆虫類や節足動物など。便所虫(べんじょむし)とは日本の地域によって異なる虫の俗称。読書(どくしょ)は、本を読むこと。活版印刷技術の登場以降、書籍が大量生産されるようになって、大衆の識字率は格段に向上し、読書は大衆娯楽(趣味)としても広く受け容れられるようになっていった。


【関連する記事】
posted by あおい at 15:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。